地方競馬騎手の仕事 – トップ騎手でも年収500万円程という現状

スポーツ系の仕事
仕事名地方競馬騎手
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容地方競馬(JRA)で競走馬に騎乗して賞金を稼ぐ仕事
なり方地方競馬教養センターを卒業して地方騎手免許試験に合格する
働き方フリー
収入平均年収は400~500万円程
向く人小柄な人、運動神経が良い人、秘密を守れる人、乗馬が好きな人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

地方競馬騎手の仕事内容

中央競馬騎手の仕事内容を参照して下さい。

地方競馬騎手になるには

基本的には中央競馬騎手と同じですが、中央競馬騎手がJRA競馬学校に入学するのに対して、地方競馬騎手は栃木県那須塩原町にある地方競馬教養センターに入学して騎手に必要な知識やスキルを身に付けることになります。

在学期間もJRA競馬学校が3年に対して、地方競馬教養センターが2年になります。

入学試験の合格率は40%程で、JRA競馬学校の約5%に比べると入学ハードルは低いです。

試験情報は姉妹サイトの「資格の門(地方競馬騎手)」を参照して下さい。

地方競馬騎手の給料

地方競馬の場合、重賞レースを勝ちまくっている騎手でも年収500万円程しか稼ぐことはできません。

JRAの騎手全体の平均年収の半分にも満たないので、いかに中央競馬と地方競馬の騎手の収入差があるのかが分かります。

まー、中央競馬と地方競馬では馬券の売り上げが全然違うので仕方ないですがね・・・

地方競馬騎手のQ&A

どちらも受験することは可能?

JRA競馬学校の一次試験は8月で地方競馬教養センターの試験は1月になり、試験日程が異なるのでどちらも受験することは可能です。

ですので、まずはJRA競馬学校の入学試験にチャレンジして、不合格になったら地方競馬教養センターの入学試験にチャレンジするのが一般的です。

タイトルとURLをコピーしました