葬儀屋スタッフの仕事 – 結婚式場に比べると人気は無いが需要は高い

サービス系の仕事
仕事名葬儀屋スタッフ
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容葬儀屋の業務全般
なり方葬儀屋に就職する
働き方正社員、アルバイト
収入初任給は18~22万円程
向く人コツコツと仕事が出来る人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

葬儀屋スタッフの仕事内容

葬儀屋のスタッフは、納棺のお手伝い、ご遺体の移動、葬儀のプランの説明とその手配から始まって、ご遺族が心置きなく亡くなられた方を向き合い、最後のお別れをするのをサポートします。

亡くなられた方の様々な事情を目にすることになるかと思いますが、全てを心にしまって、一つ一つの葬儀のサポートします。

ほとんどの人は葬儀に慣れていません。最近は全てを決めて亡くなられる方もいますが、亡くなられた後、ご遺族に、色々、決めてもらわなければいけない場合が多いです。

葬儀屋のスタッフは、例えばご遺影、お料理、お花、ご葬儀日程のお知らせや会葬礼状、頼まれれば僧侶の手配まで、そっと手を差し伸べるような感じで、ご遺族をサポートします。

そして、式の最中は、参列者のご案内からお茶出しまで、滞りなく葬儀が終わるように心を配ります。そして、葬儀が終われば、掃除をし、片付けをし、次の葬儀に備えます。

葬儀屋のスタッフになれば、ご遺体としばしば接します。ご遺体に触れることもあるかもしれません。

お休みはあってないようなもので、メイクやネイル、髪の色などにも制約が入ります。

人はいつか死ぬので、葬儀屋の仕事がなくなることはないのですが、オンとオフの気持ちの切り替えを含め、強い精神力が求められます。

葬儀屋スタッフになるには

「納棺師」や「エンバーマー」などの専門職であれば経験が必須ですが、一般の葬儀スタッフであれば必須は資格や経験は必要ありません。

民間資格である「葬祭ディレクター」を取得しておけば、後々、葬祭ディレクターとしての業務を行うことができるし、転職の際にも有利になりやすいので葬儀業界で活躍したいのであれば取得しておいて損はないでしょう。

ちなみに、葬祭ディレクター試験は1級と2級があり、2級を受験する場合でも葬儀業界で2年以上の経験が必要になるので、資格取得を目指すのであれば、まずはアルバイトでも良いので経験を積んでください。

葬儀屋スタッフの仕事の探し方

基本的には、地元の葬儀屋であればハローワークや求人誌を利用して、大手の葬儀屋や高収入を目指すのであれば求人サイトなどインターネットを利用して仕事を探した方が効率的です。

葬儀屋スタッフの給料

葬儀屋スタッフの初任給は、規模によって異なりますが18~22万円程です。

葬祭ディレクターの資格を持っていれば資格手当が支給されることもあります。

タイトルとURLをコピーしました