クリーニング師の仕事 – 4月と5月は忙しくなるので注意!

サービス系の仕事
仕事名クリーニング師
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容クリーニング業務全般
なり方資格を取得後、研修を受ける
働き方正社員、独立
収入平均年収は250~350万円程
向く人綺麗好きな人、責任感のある人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

クリーニング師とは

主にクリーニング店にて管理責任者の立場にある方をクリーニング師と呼んでいます。

クリーニング師の仕事内容

クリーニング師の仕事は、豊富なクリーニング技術と知識をもって、様々な素材や汚れに対応し、所属、もしくは運営するクリーニング工場や店舗の衛生管理などをすることです。

クリーニング関連の仕事をするには、最低1名はクリーニング師が必要とされており、確かな技術があれば、自分でお店を経営することも夢ではありません。

 

最近はYシャツなどの毎日着るものも、気軽にクリーニングに出すようになりましたが、それでも、クリーニングに持ち込む服は家では洗えない高級素材のものであったり、特別な想いのある服であることが多いです。

その上、ネットなどを通じて、良い評判も悪い評判もすぐに広まります。そのため、クリーニング師は自分の体調や精神状態とは関係なく、一人一人のお客様、1枚1枚の服に対して、丁寧に接することを求められます。

クリーニング師になるには

クリーニング師になるには、各都道府県が実施しているクリーニング師試験に合格する必要があります。

試験に合格できれば免許を取得でき、その後、各都道府県が指定した研修を受けることで晴れてクリーニング師として活躍することができます。

試験は、衛生法規に関する知識などの学科試験と、ワイシャツのアイロンがけやしみ識別・しみ抜きなどの実地試験に分かれており、それぞれで合格する必要があります。

中卒以上であれば誰でも受験でき、合格率も80%程度あるので、簡単だと思われるかもしれませんが、実地試験があるので、実務経験が無い方や専門学校で専門知識を勉強していない方だと合格することは容易ではありません。

 

資格情報については、姉妹サイト「資格の門(クリーニング師)」を参照して下さい。

クリーニング師の活躍の場

主な職場はクリーニング店です。

資格を取得すれば独立開業することも可能ですが、店舗を契約して機械を揃えたりなど初期費用が莫大にかかるので、まずは店舗に勤務して経験とお金を貯めて下さい。

クリーニング師の仕事の探し方

現実問題として実務経験を積まなければ、資格を取得することは難しいので、まずは学校を卒業してアルバイトでも良いので、クリーニング店に就職して経験を積んでください。

数年経験を積めば、試験に合格できるだけのスキルや知識を身に着けることができるので、試験にチャレンジして下さい。

クリーニング師の給料

クリーニング師の平均年収は250~350万円程です。

クリーニング業自体、それほど稼げる事業ではありませんので、従業員の給料もそれほど高くありません。

特に、近年では頑固な汚れも落とせる家庭の洗濯機が続々登場しているので、クリーニング店の需要が減っています。

クリーニング師のQ&A

クリーニング師の仕事が忙しい時期って?

クリーニング店は忙しい時と、忙しくない時の差が大きいです。

一番忙しい時期は4月、5月で、新年度を綺麗な服でと思う人が多いことと、夏に向けて冬物を片付けてという方が多いため、忙しくなります。

その反面、1月、2月は暇になりやすく、自営業の場合、忙しくない時を乗り越える持久力がなければ、色々、難しい問題が出てくることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました