社会福祉士の仕事 – ソーシャルワーカーとして相談に乗る仕事

介護・福祉系の仕事
仕事名 社会福祉士
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容ソーシャルワーカとして高齢者や障がい者を支援する仕事
なり方社会福祉士試験に合格して社会福祉士登録する(試験を受けるには福祉系大学を卒業など一定の条件が必要)
働き方正社員
収入初任給で17万円~20万円程度
向く人明るい人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

社会福祉士とは

社会福祉士とは、高齢者や障害者など日常生活を送ることが困難な人の相談に乗って援助するスペシャリストのことで、別名「ソーシャルワーカー」とも言われています。

国家資格である社会福祉士の資格を取得しなくてもこういった業務を行うことはできますが、社会福祉士と名乗って仕事をするには資格を取得して社会福祉士登録しなければいけません。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士は相談業務がメインになりますが、その仕事内容は多岐に渡ります。

一般的には、高齢者施設や障害者施設などの介護が必要な人が生活している施設で日常生活に関わる相談業務を行います。入退去の調整やベッドの管理などのマネージメント業務も社会福祉士の仕事になります。

介護福祉士やケアマネージャー、看護師や医師とチームを組んで大勢の要介護者をサポートします。

その他にも、社会福祉事務所や児童相談所などで地方自治体職員として働いたり、病院や診療所で医療ソーシャルワーカーとして活躍することも可能です。

社会福祉士になるには

社会福祉士になるには、国家資格である社会福祉士試験に合格して社会福祉士登録する必要があります。

試験を受けるには受験資格があり、受験資格を得るにはいくつかルートがあり、大きく分けると

  • 福祉系大学(4年制)を卒業
  • 福祉系短大(2年制・3年制)卒業+養成施設で1年、もしくは2年以上勉強
  • 大学(4年制)卒業+養成施設で1年以上勉強
  • 介護に関わる実務(指定あり)を4年以上経験+短期養成施設で勉強

があります。

細かな決め事があるので、詳しい条件は社会福祉振興・試験センターのHP内で確認して下さい。

社会福祉士の仕事の探し方

介護・福祉職を専門に扱った転職サイトや転職エージェントを利用するのが一般的です。

こういった転職エージェント会社には介護・福祉職の実務経験を持っているアドバイザーが在籍していることが多いので、初めて転職される方でも安心して利用することができます。

高齢化社会に供って、介護保険事業所が年々増加していて求人も増加している傾向にあるので、経験の無い方や浅い方でも比較的求人は探しやすいと思います。

社会福祉士の給料

待遇が悪いと言われている介護・福祉職の中でも、社会福祉士に関しては比較的優遇されていて安定した職種です。

社会福祉士の平均年収は把握できませんが、福祉施設で働いている介護員の平均年収は307万円(平成26年、厚生労働省の調査)なので、それよりは高いです。

児童相談所などの行政だと公務員として働けるので安定した収入を得ることも可能です。

社会福祉士のQ&A

資格の勉強はどの様に進めれば良いの?

姉妹サイトの「資格勉強の広場(社会福祉士)」をご覧ください。

どういった職場で働けるの?

介護老人福祉施設や養護老人ホームなどの「介護福祉施設」、身体知的障害者が生活している「障害者福祉施設」、児童養護施設などの「児童福祉施設」、児童相談所や福祉事務所などの「地方自治体職員(行政)」、地域包括支援センターなどあります。

その他にも、病院や学校、一般企業で働くことも可能なので幅広く活躍することができます。

必要なスキルは?

相談援助を専門とする仕事になるので、援助出来るだけの専門知識を取得していなければ話になりません。

ただ、それだけでは業務は務まりません。社会福祉士はあくまでサービス業で援助を求めている人に手を差し伸べる仕事になるので、相手を思いやって気遣う気持ちが必要です。

どういう性格の人が向いている?

援助を必要とする人は、どうしても気持ちを塞ぎがちな人達が多いので、その環境を打破するコミュニケーション能力を持っている人(明るい人)には向いている仕事だと思います。

タイトルとURLをコピーしました