SEOエンジニアの仕事 – 激務警報!深夜残業・休日出勤は当たり前

IT系の仕事
仕事名SEOエンジニア
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容検索エンジンの最適化をしてWEBサイトのアクセスアップを実施する仕事
なり方IT関係の大学や専門学校を卒業してから就職するのが一般的
働き方正社員、契約社員
収入平均年収は500万円程
向く人パソコンが好きな人、細かな作業が好きな人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンの最適化を行う手法の一つです。

具体的には、HTMLや記事の内容、リンクを貼ったりなど、各要素を使って記事を最適化させて、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで特定のキーワードで上位表示させることを目的としています。

SEOエンジニアの仕事内容

SEOの仕事内容は、忍耐力が問われるものばかりです。

生地の作成能力が必要なのは言うまでもありませんが、その前提としてインターネット上に公開する土台を作り上げなければいけません。

まず行う必要があるのは、サーバーを契約して記事を投稿するスペースとなるホームページを作成します。

ここではドメインなどの知識が必要ですが、特に学校で習っていなくても自分だけの力で何とかなります。

インターネット上で検索することによって、サーバーの契約方法などが記されているからです。それができたら、いよいよ記事の作成を本格的に始める段階に入ります。

SEOの仕事においては、いかにしてキーワードを効率よく配分できるかに全てがかかっています。

選定したキーワードを一箇所に集めるのではなく、たとえば200文字ごとに一つ挿入すると言った工夫を行うと自然な仕上がりにします。

それだけではなく、自然な文章を心がけないと人の心を掴むSEOの記事は作成できません。誰が読んでも伝わるような文章を作り出せてこそ、SEOの仕事の簡潔に一歩近づくことができるのです。

それが終わってからは、目的に応じて二つの作業に分かれます。

一つは、商品などを宣伝する目的です。外部リンクを挿入することがメインの仕事内容です。

もう一つは、アフィリエイトで収入を得る目的です。

ASPの審査に通る必要があるので、申請の手順はもちろん審査担当者に認められる記事を量産する作業も欠かせません。

SEOエンジニアの仕事をするには

SEOエンジニアの仕事をする為の資格や免許は必要ありません。

ただ、サイト作成に必要なHTMLやCSS、JavaScriptなどの知識に加えて、キーワードで上位に表示させるためのSEOテクニックが必要になるので、プログラミングを勉強できる専門学校や大学を卒業してから就職するのが一般的です。

SEOエンジニアの活躍の場

ホームページ制作会社やSEO業者などで活躍することができます。

ある程度経験を積めば比較的独立しやすいです。

SEOエンジニアの仕事の探し方

IT求人に特化した転職エージェントを利用しましょう。

SEOエンジニアの給料

システムエンジニアの年収が約541万円なので、同等かそれ以下になります。

統計をとっていないので分かりませんが、年収500万円あれば良い方だと思います。

SEOエンジニアのQ&A

なぜSEO対策をする必要があるの?

売り上げをアップさせるためです。

例えば、あなたが個人で化粧品を仕入れて販売をしているとします。

ホームページを立ち上げて化粧品を売る場合、ホームページを立ち上げるだけでは集客することはまず無理です。

化粧品を売るのであれば「化粧品 激安」「化粧品 口コミ」「化粧品 効果」「化粧品 (商品名)」などのキーワードで上位表示出来れば、そこからアクセスを集めて商品を売ることができるので、そういったキーワードでSEO対策をする必要があります。

仮に、「化粧品 (商品名)」で1ページ目に表示させることが出来れば、それだけで1日1,000アクセス以上は集めることは可能です。その中から5%の方が商品を購入してくれれば1日50人に対して商品を販売することができます。

仕事が激務って聞いたけど・・・

エンジニア全般に言えますが、お客さん(企業)から無茶な要求を受けることが多いので、繁忙期は深夜残業、休日出勤は当たり前の世界です。

タイトルとURLをコピーしました