裁判官の仕事 – 最高裁判所長官は公務員の中で一番稼げる!

法律系の仕事
仕事名裁判官
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容裁判所で法に沿って刑罰を与える仕事
なり方司法試験に合格し司法研修所で勉強後、判事補として10年間勤務
働き方公務員
収入最低月収は227,000円+初任給調整手当(数万円)
向く人判断力のある人、勉強が圧倒的に得意な人、向上心のある人、客観的な判断が出来る人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

裁判官とは

裁判官とは、裁判所で事件に対して判断を下す人たちです。

裁判官の仕事内容

何かトラブルがあったとき、最終的には裁判所で解決することになります。

裁判は争いを法に照らして判断します。裁判官はそれを最終的に決める役割を担っています。

例えば、AさんがBさんにお金を貸したところ、返してくれないのでAさんはBさんを訴えることにしたとします。

その場合、Aさんは訴状を作成して裁判所に提出します。所定の手続きを経たあと、裁判が開かれます。

裁判官はAさんとBさん、両方の意見を聞いたり、証拠を出してもらいそれを確かめたりします。

例えば、借用証や銀行の預金通帳などを提出してもらったりもします。それらを総合的に考慮したうえで、法に照らして妥当だと思う方を勝たせます。

Aさんの意見が法的に正当だと考えれば、Aさん勝訴の判決を書きます。そして、法廷で言い渡すことになります。

裁判を大きく分けると、事実審と法律審に分けられます。

事実審とは、事実面の判断です。

お金を貸したのか、いくらかしたのか、まだ返していないのか、などの事実があったのかなかったのかを判断します。

法律審とは、法律面の判断です。

例えば、法律に載っている言葉の解釈などを指します。多くの場合は裁判官はこの2つを同時にこなすことになります。

上記の例だと、2つとも同時に行います。

もっとも、多くの事件では事実審が重要となります。それゆえ、証拠の判断が重要となってきます。

このように、裁判官は実際の事件を判断し、判決を書くのが主な仕事ということになります。

裁判官になるには

裁判官になるには、弁護士や検察官と同様に司法試験に合格して「司法研修所」で1年間法律の勉強をして卒業する必要があります。

裁判官になる場合は、司法研修修了後に「判事補」として10年間経験を積むことで晴れて裁判官(判事)として活躍することができます。

資格情報については、姉妹サイト「資格の門(司法試験司法試験予備試験)」を参照して下さい。

裁判官の活躍の場

裁判所は「最高裁判所(1ヵ所)」「高等裁判所(8ヵ所)」「地方裁判所(50ヵ所)」「家庭裁判所(438ヵ所)」「簡易裁判所(50ヵ所)」あり、裁判官はいずれかの裁判所で勤務することになります。

裁判官は国家公務員になるので、弁護士の様に企業に勤めることはありません。

裁判官の給料

裁判官の給料は「裁判官の報酬等に関する法律」によって決められています。

一番下位の判事補十二号で月給227,000円と高度な専門知識が必要な仕事の割に低いですが、実際には初任給調整手当により数万円は上乗せされます。

最高位の最高裁判所長官だと月収2,050,000円になり、国家公務員の中で最も給料水準は高くなります。

裁判官のQ&A

裁判官は公務員ですか?

国家公務員です。

タイトルとURLをコピーしました