パフューマーの仕事 – 香粧品を調香して癒しの香りを創る専門士

その他の仕事
仕事名パフューマー
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容香料を調香して香りを生み出す仕事
なり方化粧品会社や調香会社などに就職する
働き方正社員
収入平均年収500万円以上
向く人香りを嗅ぎ分けられる人、勉強熱心な人 、発想力のある人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

パフューマーとは

商品の香料を調合する仕事をしている人のことを調香師と呼ばれており、その中でも化粧品や香水、芳香剤や洗剤など人工的な香りをつける仕事をしている専門士がパフューマー(perfumer)です。

ちなみに、食品に対して調香する場合はフレーバリスト(Flavorist)と呼んでいます。

パフューマーの仕事内容

私たちが普段の生活で利用している化粧品や香水、芳香剤や洗剤などは、人工的に香りがつけられていますが、その香りをつけて購買意欲を高める役目を担っているのがパフューマーです。

パヒューマーの主な仕事は「調香」です。

パフューマーは数多くある香料の中からいくつかの香料を選んで、適切な配合料を考えながら処方せんを作成していきます。

調合した香料を「ムエット」と呼ばれる細長い試香紙を使って香りを確認して、香料の種類を変えたり配合を変えたりしながら自分のイメージに近づけていきます。

仕事に慣れていけば、調香をしなくてもどれとどれをどの割合で調香すればどういった香りを生み出すことが出来るのかを頭の中でイメージ出来るようになってきます。tだ、そのレベルに達するには最低でも5年はかかると言われています。

パフューマーになるには

パフューマーになる為の資格や学歴は一切必要ありませんが、正常な嗅覚を持っていることはもちろん、数百種類ある香料の香りを嗅ぎ分ける認識能力が無ければまともに仕事をすることができません。

もちろん、香料に関する安全面や着色性の知識にも長けていなければいけません。

学歴は一切必要無いと言いましたが、化学や薬学の知識が必要になるので、パフューマーで活躍している人の大半が大学の理工学部の卒業者です。求人自体それほど多くない仕事になるので、最低でも大卒じゃないと就職することは難しいです。

大学が難しいのであれば、「東京バイオテクノロジー専門学校」など調香について学べる学校もあるので、その中でパフューマーに必要な調香センスを磨くのも一つの手です。

尚、薬剤師の資格を持っていれば優遇されやすいです。

パフューマーの仕事の探し方

就職先は化粧品会社や香料を専門に取り扱っている会社などになりますが、中途採用でパフューマーを募集していることはほとんどないので、学校から斡旋してもらって就職するのが一般的です。

パフューマーの給料

パフューマーの平均年収は500万円以上になるので、一般職に比べると高めです。

パフューマーのQ&A

パフューマーとフレーバリストの違いは?

フレーバリストは食品の香料を専門に取り扱う仕事になるので、パフューマーに比べると、安全面については特にを付けなければいけません。

タイトルとURLをコピーしました