パン職人の仕事 – パン屋やホテルのベーカリーで働く

フード系の仕事
仕事名パン職人
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容パン屋やホテルのベーカリーなどでパンを製造する仕事
なり方製菓専門学校などを卒業して目指すのが一般的
働き方正社員、アルバイト、パート
収入平均年収は3,108,000円(パン・洋生菓子製造工)
向く人料理が好きな人、手の力がある人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

パン職人の仕事内容

朝食やブランチ等などにて日本人から愛されているパン。子供が将来なるたい職業の一つにもなっていますが、パン職人になる為に一番必要なのは体力です。

どんな仕事においても体力は必要となりますが、パン屋はそれ以上なものなのです。

まず、パンを作る際ですが仕込みはミキサーによって行われるので機械作業になりますが生地の分割や丸め作業は人の手で行われます。

生地を同量に切ってその生地を丸める作業は体全体を使う為体力仕事になります。

小さなパン屋さんであれば200個程かと思われますが、大きく展開しているチェーン店などは日に3000個以上も作られる事もあります。

機械を使用して丸める事もできますが、人の手により作られたパンは格段に美味しさもかわってしまうので、人力にて行う会社は多いです。

また、オーブン等の熱気により工場内の気温も40度以上になる事も多く体力の消耗が激しくなります。

一日中オーブンを担当している方は技術もさる事ながら体力が最も必要となってきます。

表作業だけみると美味しそうなパンを職人さんが作ってると言う感じでしかお客さんには観られませんが、実際の作業内容は汗だくになりながら体力仕事を行う非常に大変な仕事となっています。

なかなか工場内を観る機会はないと思われますが、チャンスがあれば是非観て欲しいです。職人さんたちが一生懸命作っている姿を観てからパンを食べるとより一層パンの美味しさに気づかされるものと思います。

パン職人の活躍の場

街のパン屋さんやホテルのベーカーリー部門で勤務することがほとんどですが、その他にも、パンメーカーで商品開発の仕事をしているパン職人もいます。

パン職人になるには

パン製造の技術はもちろん、食品衛生の専門的な知識も必要になるので、パン職人の養成学校などで勉強してから目指すのが一般的です。

ただ、学校に通うとなると実務経験を積むのに時間がかかるし、何より学費がかかるので、一日でも早くパン職人を目指すのであれば、まずはアルバイトでも良いのでパン屋に就職してパン製造の技術を磨くのも一つの手です。

パン職人になる為の資格や免許は必要ありませんが、「パン製造技能士」の資格は取得しておいた方が良いです。

ただ、一番下位の2級でも2年以上の実務経験が必要になるので注意しましょう。

パン職人の仕事の探し方

地域に密着したパン屋では、求人サイトなどで大々的に求人を募集していることは稀なので、ハローワークから求人を探すのが一般的です。

アルバイトでしたら、店頭に求人チラシが貼られていることもあるので、希望のパン屋があれば定期的に確認してみて下さい。

パン職人の給料

「賃金構造基本統計調査」によると、平成26年のパン・洋生菓子製造工の平均年収は3,108,000円です。

パン職人のQ&A

パン職人を目指せる学校ってどんなの?

一般的には大学ではなく専門学校に通いながらパン職人を目指すことになります。

  • 日本菓子専門学校
  • 服部栄養専門学校
  • 赤堀製菓専門学校
  • 辻調理師専門学校
  • 大阪調理製菓専門学校

などが挙げられます。

タイトルとURLをコピーしました