バリスタの仕事 – とにかく現場で経験を積もう!

フード系の仕事
仕事名バリスタ
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容コーヒーを提供する仕事
なり方
働き方アルバイト、正社員
収入社員:月給16~20万円程(初任給)
アルバイト:時給800~1,000円程
向く人コーヒーが好きな人、味覚に長けている人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

バリスタの仕事内容

主な仕事内容として、レジ接客、カフェラテとかドリップコーヒーのバードリンク作成、備品の発注、レジの開け閉め作業が主な仕事内容です。

レストランみたいにキッチンだけとか、ウエイターだけっていう役割よりかは、お金の開け閉め以外は一通りできるようになるまで研修期間という扱いで、テストに受かって初め一人前のバリスタ、という感じになります。

また、アルバイトリーダーみたいな存在の人が、その時間の混み具合とか、みんなに効率よく動いてもらうための指示出しを担当して、1時間ごとにそれぞれのポジションについてもらったり、休憩を回すことをやります、お金の開け閉めもこのアルバイトリーダーが担当に。

研修期間は、トレーニーと呼ばれていて、基本的なレジ操作、クオリティの高いミルクスチームの仕方、年中置いているコーヒー豆の味の違いがなんとなくでもわかるようにテイスティングしたり、レシピを覚えるまで何度も復習する。

コーチの人がつきっきりじゃなくても大丈夫なくらいに1〜2ヶ月くらいで仕上げていきます、

一人前のバリスタとしてやっていけるようになったら、全種類のコーヒー豆を改めてテイスティングし、抽出器具によっての味の違いを確かめたり、お客さんに魅力的に語れるようになって販促をしたりするプログラムがあったり、トレーニーにトレーニングできるようになるとトレーナーというのになり、さらに上司から信頼を得れるようになるとお金まだ扱えるアルバイトリーダーというような流れです。

バリスタになるには

バリスタの仕事をするのに学歴や資格は必要ありませんが、コーヒーの知識が得ることができる専門学校やスクールに通って専門知識やスキルを習得してから目指すのが一般的です。

バリスタの仕事の探し方

バリスタが活躍できる場としては、コーヒー専門店やカフェなどのレストランなどがメインになりますが、バリスタとして求人を募集しているパターンはあまりありません。

ですので、まずはコーヒーを提供している店舗に就職して経験を積むことが必要です。

バリスタの給料

バリスタとしての収入を算出することは難しいですが、カフェやレストランで働く場合の初任給は、社員で月給16~20万円程、アルバイトだと時給800~1,000円程になります。

スキルを身につけて、業務の幅が広くなれば収入は上がりやすいですが、やはり飲食業の給料体系に準ずるので過度の期待はできません。

タイトルとURLをコピーしました