獣医師の仕事 – 平均年収は約600万円!医師の約半分!

動物系の仕事
仕事名獣医師
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容動物病院などで医師として動物に対してケガの診療や治療、予防などを行う仕事
なり方獣医師免許を取得する
働き方常勤、非常勤、独立
収入平均年収は6,058,100円(平成26年)
向く人勉強が好きな人、動物が好きな人、冷静沈着な人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

獣医師の仕事内容

獣医師の仕事と聞いた時、誰もが思い浮かべるのは、病気や怪我をした動物の治療や、飼育されている動物の体調管理、予防接種を含む病気予防かと思いますが、それ以外にも、食肉衛生検査、保健所が行う動物関連の諸々の仕事、野生動物の保護・監視なども、その仕事のうちです。

最近は、珍しい動物を飼う人が増えてきているので、勤め先が特定の動物の専門病院でないのであれば、それらにも対応できなければいけません。

また、ペットの家族化が進んでいる今日において、医療過誤や医療ミスを起こそうものなら、大変なことになります。

それから、経済活動を妨げる病原菌や害虫などの侵入を防ぐのも、獣医師の仕事です。口蹄疫や、鳥インフルエンザの流行などは、記憶に新しいところです。

このような仕事をする獣医師は、国家公務員か、地方公務員で、私たちが、毎日、安全なお肉やお魚を食べられるのは、彼らの日々の活動あってのことです。

その他には、公の場所にある動物の死骸や、ペット関連のご近所トラブルなどと言ったことも、獣医師が対応することがあります。

獣医師の仕事というと、動物病院、動物園、水族館を思いますが、その仕事内容は、思いの外、多岐にわたっています。

獣医師になるには

獣医師になるには、獣医学のある6年制の大学で必要過程を修めて国家資格に合格し、獣医師免許を取得する必要があります。

資格情報については、姉妹サイト「資格の門(獣医師)」を参照して下さい。

獣医師の活躍の場

獣医師の勤め先として、最も多いのは動物病院です。

その他にも、動物園や水族館、畜産業にて管理・指導や研究所に勤める方もいます。

獣医師の給料

賃金構造基本統計調査(平成26年)によると、獣医師の平均年収は6,058,100円(月収455,000円、賞与592,100円)になります。

サラリーマンの平均年収よりは高い水準ですが、医師の平均年収が1,000万円を超えることを考えるとかなり低いですよね。

開業すれば大きく稼ぐことも可能ですが、いきなり動物病院をしても上手くいかないのは明白なので、まずは勤務医として経験を積むことが求められます。

獣医師のQ&A

獣医師ってどれぐらいいるの?

獣医師免許を持っている方は全国に約3万5千人いると言われています。

ちなみに医師の数は全国で約30万人なので、およそ1/10です。

タイトルとURLをコピーしました