彫刻家の仕事 – 木や石を彫って彫って彫りまくって作品を作る

デザイン系の仕事
仕事名彫刻家
人気
収入
敷居低さ
将来性
仕事内容木や石などを彫って作品を生み出す仕事
なり方基本的には美大を卒業
働き方フリー
収入不明
向く人センスのある人、忍耐強い人、体力のある人
評判0件(口コミ投稿
仕事探し
スポンサーリンク

彫刻家の仕事内容

彫刻家の仕事は、木や石だけでなく、金属や蝋、樹脂など様々な素材を、素材の特性を生かして、新しい芸術作品を生み出すことです。

最近は、作品と空間を融合させて新たな表現する人も多くいて、していることは彫刻家と同じようなことなのですが、「空間造形作家」などと称する人もいます。

また、利用する素材や大きさによっては、かなりの体力を要します。

実のところ、彫刻家はなりたいと思えば、誰でもなることができます。

しかし、専門教育も受けず、コンクールなどでの受賞歴もない場合、仕事として成立させることはなかなか難しいようです。

そのため、一部の人を除き、多くの人が、彫刻家をしながら、他の仕事もしています。

その仕事も、学校教育における美術の教員や、学校教育以外の美術学校などで講師など、彫刻と関係のある仕事ができれば恵まれている方だと言えるでしょう。

彫刻というと思い浮かべるのは、彫刻家の内なる欲求から生まれた芸術作品ですが、胸像制作や記念碑など、発注を受けて作品を作る場合もあります。

胸像制作の会社などもあるので、一概には言えないのですが、自分の作りたいものだけを作って生活するためには、やはりコンクールや作品展などに作品を出し、知名度を上げる必要があります。

彫刻家になるには

彫刻家はセンスさえあれば誰でも出来ますが、現実的には美大や芸術系の大学や専門学校で専門知識を習得してから、地道に作品展に応募するなりして自分を売り込むことが大事です。

彫刻家の給料

美大を卒業して彫刻家として仕事を請け負うことが出来ても必ずしも生活できるだけの収入を得ることが出来るとは限りません。

タイトルとURLをコピーしました